グループホームみなりっこ

ご入居者様とスタッフの明るい笑顔があふれるグループホーム。元気なスタッフがみなさまのお越しをお待ちしております。

代表挨拶

★はじめまして!

グループホームみなりっこの代表をしております川原です。 私は介護の仕事を始めて17年目になります。 仕事を始めた頃は介護のイロハも分からず、ただがむしゃらに先輩や尊敬する上司を仰ぎ見る毎日でした。そんな中で多くの利用者さんと出会い、色々な事を感じ、学ぶ中で、いつしか自分も介護の楽しさ、やりがいを人に伝えたいという強い思いを抱くようになっていきました。 介護職の素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいという境地に辿り着くまでには、周囲で応援してくださった多くの方のお力添えがあってこそだという気持ちと共に歩んできた16年間だったと感じております。の会社を立ち上げるまでに関わってくださった多くの皆様に感謝すると共に、これからも奢ることなく様々な情報にアンテナを張りながら精進してまいる所存です。

★介護職としての学びを土台に…

介護職員として尊敬する上司に教えを請い、利用者さんと一緒に季節を味わう行事に出かけたり、最期の時に立ち合ったり、辛い時に先輩、同士に励ましてもらったり、様々な経験をし、学んできました。 介護職だからこそ味わえるやり甲斐や楽しみ、喜びがあります。これから介護の世界へ飛び込もうとしている人、飛び込みたいけど悩んでいる人たちにも介護職の魅力を伝え、一歩を踏み出す勇気を持てるよう講演、講師活動にも参画しています。 「この仕事は素晴らしい!」 と誇りを持って向上し続ける仲間を一人でも多く増やしていきたいと考えております。

★やりがいある仕事を皆と分かち合いたい!

同じ仕事をするなら、自分の仕事を本気で全うできるやりがいを見出すべきではないでしょうか?  生活のためにしょうがなく稼ぐお金も大切ですが、楽しくやりがいを持って働いた後についてくるのも同じお金です。 どうせならやりがいある、意味のある仕事を一緒にしたいと思います。

★チームで築きゆく未来に向けて…

当社は持ちつ持たれつ『お互い様』の関係、地域づくりを目指しています。 地域の方・ご家族・利用者さんのご理解・ご協力の上に成り立つ当社ですが、そこで働く仲間たちもまた然りです。どの一人が欠けてもチームとしては成立しません。 周囲の支えや協力の中で生まれた株式会社ゆずだからこそ、今まで関わってきた方一人一人を大切に、これから頑張りゆく方々には応援メッセージを送り続け、一緒に働く仲間と成長し続けていきたいと考えます。

会社概要

会社名 株式会社ゆず
設立 2013年1月17日
資本金 8,000,000円
代表者 川原 奨二
本社所在地 〒722-0215 広島県尾道市美ノ郷町三成912番地1
電話 0848-38-2039
FAX 0848-48-2330
施設名

グループホームみなりっこ(事業所番号:3491100339)

従業員数 24名

沿革

2013年1月 株式会社ゆず設立
2014年3月 グループホームみなりっこ開所

『介護職員等特定処遇改善加算』とは

介護職員の処遇改善につきましては、平成29年度の臨時改定における介護職員処遇改善加算(以下「現行加算」という。)の拡充も含め、これまでにも数次にわたる取組が行われてまいりましたが、平成29年12月8日に閣議決定された新しい経済政策パッケージにおいて、「介護人材確保のための取り組みをより一層進めるため、経験・技能のある職員に重点化を図りながら、介護職員の更なる処遇改善を進める。」とされ、2019年10月の消費税率引き上げに伴う介護報酬において対応することとされました。

 このことを受けまして、2019年度の介護報酬において、介護職員等特定処遇改善加算を創設することとされました。

当該加算を算定するためには、賃金改善以外の下記の要件を満たす必要があります。

◆現行加算要件

 原稿の処遇改善加算Ⅰ・Ⅱ・Ⅲのいずれかを取得していること

◆職場環境等要件

 「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」「その他」の区分ごとにそれぞれ1以上の取り組みを行っていること

◆見える化要件 

 賃金以外の処遇改善に関する取り組み内容をホームページ等、外部から見える形で公表していること

◆介護福祉士の配置等要件

 サービス提供体制強化加算の最も上位の区分を算定すること

 ★見える化要件に基づき、賃金の処遇改善に関する具体的な取り組み内容を下記に掲示いたします。

 〇資質の向上

  ・研修の受講やキャリア段位制度と人事考課の連動

  ・働きながら介護福祉士を目指すものに対する実務者研修・初任者研修受講支援

  ・小規模事業者の協働による採用・人事ローテーション・研修のための制度構築

 〇労働環境・処遇の改善

  ・新人介護職員の早期離職防止のためのエルダー・メンター(新人指導担当者)制度導入

  ・ICT活用(ケア内容や申し送り事項の共有)

  ・子育てとの両立を目指すもののための育児休業制度等の充実

  ・事業所内保育制度の充実(2021年企業主導型保育施設開所予定あり)

  ・事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化

  ・健康診断・心の健康等の健康管理面の強化、職員休憩室の整備

 〇その他

  ・中途採用者に特化した人事制度の確立

  ・障害を有する者でも働きやすい職場環境構築や勤務シフト配慮

  ・職員増員による業務負担の軽減

  ・非正規職員から正規職員への転換

  ・地域の児童・生徒や住民との交流による地域包括ケアの一員としてのモチベーション向上